◇◆◇◆◇◆最新記事◆◇◆◇◆◇
2008年06月16日

SG中東株式ファンド

ランキングに参加しています☆IPO・新規公開株


先日、野村證券の支店から珍しく電話がありました


普段インターネットからIPO申し込みオンリーなので
支店とのお付き合いは全くありません


で、今回の電話では今後の投資目的のお話と
新しく設定される投資信託「SG中東株式ファンド」勧誘の電話でした



ちょっと中東のほうにも興味があったので
記事にしてみます^^


●SG中東株式ファンド
http://www.nomura.co.jp/retail/fund/newfund/pdf/405o.pdf


申し込み期間 :2008年6月9日〜2008年6月18日

投資対象

クウェート、サウジアラビア、バーレーン、
カタール、アラブ首長国連邦、オマーン


想定国別配分

ドバイ23%、クウェート21%、アブダビ18%
カタール18%、サウジアラビア14%、オマーン6%


想定業種別配分

銀行26%、不動産22%、各種金融16%、運輸11%、
素材6%、ミューチュアルファンド5%、公益2%、サービス1%
生活必需品1%


GDP成長率

日本2.1%
サウジアラビア4.1%
UAE7.4%
クウェート4.6%
オマーン6.4% 
カタール14.2%
バーレーン6.6%



PER

インド21.2%
中国 29%
新興国株式15%
世界株式14.2%



GCC諸国PER

サウジアラビア19.8%
UAE(アブダビ)13.9%
UAE(ドバイ)13.2%
クウェート11.1%
オマーン14.8%
カタール14.8%
バーレーン9.3%

GCC諸国平均PER 15.8%


世界の石油埋蔵量の割合:GCC諸国計 40.1%

世界の天然ガス埋蔵量の割合:GCC諸国計 22.8% 

(野村證券交付目論見書より)


今までBRICs(ブリックス)の中のブラジル 、ロシア 、インドに
投資していましたが もう少し視野を広げていきたいと思います



あとこんなサイトを先ほどみました↓

●海外株式(インド株、中国株)ファンドを持っている人の
「次の一手」とは?

ファンドChoice ⇒ こちらから


私は超積極的タイプみたいです^^;


先日 PCA インド・インフラ株式ファンド を買い増ししたのですが


購入価格は8.159円でした


今年のインドは厳しそうなので来年以降に期待をかけての購入です




さてIPOは「株券電子化」のため年末年始にかけて
7週間新規上場ができなくなるそうですね


今年はなんというか。。。
期待できそうにないですね


店頭のお付き合いもかなりの間ストップしていますが
今後も狙っている証券会社がIPOの割り当てがない限り
現物株はほとんどストップしそうです


今のままではリターンよりリスクの方が大きいし
ばかにならない手数料のコストが何よりイタイ。。。
資金を減らさないことも大切かなと思いました(^_^;)


ランキングに参加しました

今日は(o^▽^o) 位?
↓↓

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

posted at 13:23
Comment(8) | TrackBack(0)
カテゴリー:IPO日記
エントリー:SG中東株式ファンド
この記事へのコメント
こんばんは。昨日(15日)から1泊で、近くの温泉の湯に浸かってきました。
帰りの道中、お寺に寄ってイナリサーチの当選祈願をして、先ほど帰宅しました。
お寺ではご利益ないでしょうかねぇ? やはりお稲荷さんでないと!

今度は、中東株式ファンドに興味を持たれましたか! 
私はインドだけで、おたおたしていますので、
「中東までは、とてもとても」というところです。
でも、中東も面白そうですね。

ところで、野村の支店から電話がありましたか!
野村は投信の品揃えが多く、一昔前(IPOを始める前)までは、
USリートとか投信の売買をよくしたものですが、最近はご無沙汰です。

私の場合、野村の店頭は、IPO的には、全く歯が立ちませんが、
さゆりサン宅なら、将来性から可能性があるかもですよ!

イナリサーチの発表、明日からですね!
いつも通り応援♪させていただいて帰ります。
Posted by びん介 at 2008年06月16日 18:15
こんにちは。

最近、店頭の現物はつらい気がします。
確実に上がると解って短期でがんばっても・・。たいしてプラスになりませんよね。

ネット証券であれば、手数料はたいした金額ではないので楽勝です。
今月は、1度しか取引してないですね。

最近、私には株も難しいです。
IPOのための手数料ならば、構わないのですけどね。

そうそう、さゆりサンは投信も凄く詳しいのですね。利益が出るわけですね。
私は、投信を個別分析した事もないですよ〜。

失礼しました。ポチ!
Posted by キムさん at 2008年06月16日 18:17
さゆりさん。こんばんは。

投信ポートフォリオが似ているので、
私も超積極タイプでした^^;

先週、インド投信買い増ししました。
HSBCとPCAインフラを少々。

ファンド整理するつもりが、
整理できないです。

SG中東株式ファンド、
さゆりさんはどうしますか?

私は、とりあえず初回レポを見てから、
検討しようと思っています。

また、お邪魔します。

Posted by 紅玉りんご at 2008年06月16日 20:53
>>びん介さん

1泊で温泉いいですね〜!
私も温泉好きなので久々に
ゆっくりしたい気持ちです

イナリサーチはお稲荷さんでしょうかね
私も当選祈願はお寺にしそうな。。。

ところで中東への投資は注目されている
そうです
今の原油高はGCC諸国にとって
プラスですし6%の経済成長も魅力かな
と思いました
ただ、地政学的リスクが気になります(((゚ω゚;)

野村は投信の品揃えが多いのでいいですね
でもIPO的にはウチの家はとてもとても
無理ですよぉ〜
Posted by さゆり at 2008年06月16日 22:13
>>キムさん

私も去年、店頭の現物が辛い時が
ありました〜

このIPO状況では無理されない方が
いいかもです
精神的にキツイとストレスにもなりますし・・・

得意な投資で楽しく利益を伸ばしてください^^(FXかな??)

投信は自分の性格にあっているので
個別分析もすごく楽しいですよ〜♪
何事も楽しく続けられるのが一番ですね
Posted by さゆり at 2008年06月16日 22:24
>>紅玉りんご さん

紅玉りんご さんも超積極タイプでしたか!
やっぱ似ていますよね〜

>インド投信買い増ししました

行動も似ていますね(笑)

紅玉りんご さん保有の三菱UFJグローバル農業関連株式ファンドや
コモディティにもすごく興味があるんですよ〜
商品のパホーマンスが2009年以降も
続いたらいいのにな
ん〜でもどうなんだ〜?って感じで
悩んでいたり。。。

SG中東株式ファンドは私も初回レポを見てから検討します^^
私もまたおじゃましますねv(^皿^♪)



Posted by さゆり at 2008年06月16日 22:33
>三菱UFJグローバル農業関連株式ファンドやコモディティ

う〜ん。
コモディティ投信は超積極タイプの投信ではないです。

コモディティの投信は、米国市場に上場している債券指数に連動している
ものが多いので、外国債券型投信のように基準価格の変動は少なく
毎月分配金が出るものが多いようです。

私持っているコモディティファンドは、最近お騒がせ中のAIGです。
あまりパフォーマンス良くないです。

三菱UFJでコモディティファンド新規設定されるそうです。
さゆりさんのところにも勧誘あったのでは。


三菱UFJグローバル農業関連株式ファンドは、
サブプライムの影響を受けた後、私が所有していた投信の中で、
一番戻りが速かった投信です。

昨年10月頃買付したのですが、サブプライムの影響を受けて、
ほとんどの投信の基準価格が目減りして特別分配金の嵐ですが、
三菱UFJグローバル農業関連株式ファンドは、
先月分配金が出たのですが、珍しく全額普通分配金でした。

また、御邪魔します。


Posted by 紅玉りんご at 2008年06月17日 01:04
>>紅玉りんごさん

おはようございます〜!
保有されているコモディティファンドは
AIGがかかわっておられましたか
あまりパフォーマンス良くないのは
残念ですね(´_`。)

三菱UFJグローバル農業関連株式ファンド
ですがそんなに戻りが速かったのですね
分配金はしっかりでていましたね!
実は分配金後の値動きを追っていました

9000円ぐらいまで下げたら買おうと思っていましたが
さすがに下りませんね〜
食料不足だと言われているので
しっかりとした値動きですね(^-^)v
今年は楽しみのファンドになるんじゃ
ないでしょうか??

あ、そう三菱UFJでコモディティファンドが新規設定されるの知っています^^
三菱ってコモディティファンド初めてだそうですね

債券指数に連動しているので
リスクヘッジで持つのもいいかもしれませんね〜

もうちょっと検討しま〜す(^^ゞ
Posted by さゆり at 2008年06月17日 09:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック